国内格安航空券の購入

ここ数年で勢いよく伸びているのがLCC、ローコストキャリアと呼ばれています。



最近は国内線国際線問わずLCCを選択する人が増えてきています。

同じ目的地ならもちろん出来るだけ安く済ませたいと思いますよね。
国内の短い距離でもサービスの質などを求めるのであればやはり大手を選択する方がよいですが、国内の移動程度であれば機内サービスがなくてもさほど苦にはならないと思うなら断然LCCがおすすめです。
もちろん大手やLCC問わず、選ぶ航空会社によって価格設定は様々です。あくまでも一例ですが、簡単に言うと普通運賃が片道10000円とします。
一般予約すると料金は10000円です。

しかし航空会社が同じ便の100席ある座席80席分を旅行会社へ5000円で販売し、旅行会社がそこにホテルなどの付加価値と利益をつけて販売しているのです。
旅行会社と航空会社の間には手仕舞というものがあって、旅行会社はそれまでに売れ残った座席を航空会社に返さなくてはなりません。


その前に少しでもとホテルの付加価値を外し、利益のみつけて6000円で販売したとします。

通常料金は10000円の航空券が旅行会社では6000円で買えるのです。


それを格安航空券といいます。

それでも売れ残った座席は期限になると航空会社に返されます。

当然その座席数が多ければ多いほど、航空会社は残りの座席を売ろうとします。その時に出るのが各航空会社が行っているキャンペーンなどで出る格安航空券です。

国内の格安航空券にまつわる情報をまとめています。

そのため昨日見たときは10000円だったのに、今日は8000円に値下がりしている、昨日は8000円だったのに今日は10000円になっている、という価格変動もあり得るのです。



決済してしまうと変更がきかないことがほとんどの格安航空券。

しかし安くなるかもと待っていたら座席がなくなるかもしれない。自分が妥協できると思った時点で購入に踏み切ることも重要です。