カンボジアからの技能実習生送り出し

  • カンボジア人技能実習生の受け入れについて

    • カンボジアは東南アジアのほぼ中央に位置する国で、人口は約1500万人です。
      隣国はラオス、ベトナム、タイで、北部の都市シェムリアップは世界遺産で有名なアンコールワットがあり、多くの外国人が訪れています。


      70年代からの政治改革によって、20年以上国内が荒れ、治安が不安定になっていましたが、90年代に入ると少しずつ政情が安定しており、2000年代には多くの外国企業が参入し、今まさに経済が発展しているところです。

      カンボジアの技能実習生のクチコミ情報を求めています。

      しかし、まだまだ発展途上の国で、主な産業は農業で、ほかにこれといった産業はありません。
      カンボジア人のほとんどが熱心な仏教徒で、人間性も柔らかく、非常にまじめで勤勉な民族です。

      日本政府もインフラの整備やNGO事業などで参入し、多くのカンボジア人と触れ合っています。
      また先進国日本は彼らにとっても憧れと尊敬の的となっています。



      現在、日本は少子高齢化という事もあり、生産人口が減少しています。
      また、第一次、第二次産業の衰退が見られています。
      一方でカンボジアは生産人口は増加しているものの、就業の機会を得られない若者がたくさんいます。

      そのため、両政府間で協議がもたれ、技能実習生として先進国日本の技術、技能、知識、教養を身につけてもらい、国に戻ったのち、産業の発展や経済の振興、後継者育成のために貢献できる人材を育成しています。

      多くの若者が就業の機会を得るために日本へ渡り、技能実習生として、たくさんの技術を学んでいます。主な就業先として、農業、漁業などの第一次産業、製造業、加工業などの第二次産業に従事している若者が多くみられます。



      今後も両国間の経済発展のために多くのカンボジアの若者が技能実習生として訪れるでしょう。