カンボジアからの技能実習生送り出し

技能実習生を迎える際にカンボジア人がおすすめの理由

日本の多くの企業では、海外からの技能実習生を迎えています。

従来は中国本土から実習生を迎えるケースが多かったのですが、最近はベトナムやカンボジアなどの東南アジア出身の技能実習生も増えています。

カンボジアの技能実習生情報探しのサポートをいたします。

初めて技能実習生を迎える場合には、カンボジア人が一番おすすめです。

日本国内で外国人を雇用する場合には、出身国の文化的な背景の違いに柔軟に対応しなければなりません。
地理的に日本と近い中国は、人口が多いので優秀な人材を確保しやすいというメリットがあります。ただし中国本土は共産主義国で宗教的な文化を重視しない文化なので、道徳やマナーが軽視されます。



中国人は自己主張が強くてノルマを達成することを重視するため、細やかな気配りが苦手です。中国人は日本人と価値観の違いが大きいというデメリットがあり、技能十習性を受け入れる側にかなりの柔軟性が求められます。
熱心な仏教国であるカンボジア人は真面目で勤勉という特徴があり、東南アジアの中でも日本人と価値観が近い国のひとつです。

日本と同様に仏教の教えを重視するので礼儀正しくて年配者を敬い、細かい部分にも気配りを払う人が多いです。


米食文化なので、食生活もよく似ています。仏教徒なので、イスラム教やヒンズー教のように食文化の違いもありません。

カンボジア人は日本人との共通点が多いため、技能実習生を迎える際に日本人と馴染みやすいというメリットがあります。



カンボジアの公用語はクメール語ですが、若い人であれば英語が使えます。

  • カンボジアの技能実習生の特徴

    • カンボジアは東南アジアのほぼ中央に位置する国で、人口は約1500万人です。隣国はラオス、ベトナム、タイで、北部の都市シェムリアップは世界遺産で有名なアンコールワットがあり、多くの外国人が訪れています。...

      detail
  • カンボジアの実習生の基本知識

    • 一昔前までは、日本にはまだ外国人の数は少なく、育ってきた言葉や文化が違う彼らとは距離を感じることが少なくはありませんでした。しかし、近年のグロ−バル化した社会では、優秀な人材を海外から積極的に招いて日本の技術を伝えるというプロジェクトが広がっています。...

      detail
  • カンボジアの実習生のコツ

    • 最近、外国人の職業実習生の受け入れが盛んになってきました。特にアジアからは多くの若者が日本に職業技術を求めやってきています。...

      detail
  • カンボジアの実習生について思うこと

    • カンボジアは近年目覚ましい経済成長により、様々な産業や工業などが発展し続けています。それに伴い、自国の技術力だけでは限界があり先進国の優れた知識や技術の習得が、今後の発展の鍵となる存在です。...

      detail